先制攻撃

剣道の試合では

2本とれば勝ちと

なるので得意技も

いくつか修練して

いれば勝てます。

強い人の稽古を

見ることでまねを

して鍛えましょう。

特に先制攻撃を

して一撃を決める

ことによって試合

を有利に進めます。

息継ぎなしでどこまで?

息継ぎなしでどこまでいけるかと

連続技を繰り出しつつ打ち続けると

さすがにへとへとになります。

さらに体力を消耗したうえに

息継ぎなしでつかれたらヘッド

スライディングして、少し休憩です。

5分くらいで終了。

正々の旗、堂々の陣

孫子の兵法で、この言葉から

敵と向かい合うときには有効で

す。敵が背を向けている無防備

な状態のときにあえて刃は使わ

ない関羽将軍は英雄です。

正々堂々と戦い、剣道において

は負けたとしても悔いはない。

そんな精神で生きてきたし、これ

からもそうしようと思います。

新年の初稽古

ふるさとにて、初稽古の

のちにOB会をして防具

を置いてきました。当地、

高校時代の防具を修復

中であり、直り次第にて

参戦していきたいとおも

います。

武蔵の剣VS白水の剣

武蔵の剣の技を見ると
あまりにも強すぎるが、
現代に生きる若者で
白水の剣もあまりにも
強すぎる。ぜひとも両者
の対決がみたいもので
あるが実現はしない。

激アツ一騎打ち

剣道でいうと常に一対一の勝負
なので一騎打ちですね。
勝負がつかないということは
ないとしても引き分けにもちこむ
ことはよくありました。強者同士
であればなおさら激アツです。

基礎トレーニング

中学のときの剣道部で

基礎トレーニングをしていた

のは体育館が使えなくて

運動場もはじのほうで

腕立て、腹筋、懸垂

ランニング、外なので

素振りもできます。

挙句の果てに、防具を

つけて、砂の上で練習

でした。

30分間のかかりげいこ

通常のかかりげいこでいくと

約3分から5分で息が続く限界

のなか、さらに遠泳のごとく

30分間のかかりげいこをやって

いると、途中、真っ白になり

数秒の間、たおれてから体力が

また回復し、さらに続けていると

別の力が出て、精神が磨かれ

ます。

終了すると、へろへろです。

もう笑うしかない。

エンジンぞ。(円陣)

といわれれば、


泣く子も震え上がる


ことになりました。


メランコリー


円陣の巻。

必殺のメン

乗りに乗って打つ

というのがヒント

で、打つ瞬間は

息を止めている状態で

まるで2人で扉を吊る

瞬間を思い出します。

息を止めろ!が

合言葉です。

もう一つのヒントは

より、遠くに飛ぶために

竹刀をできるだけ

手前に引きつけて

右手はつかの真ん中

辺りを持ち、間合いに

入るときに左足を右足に

引きつけておくと

間合いの外からでも

メンが届くということです。


WAQアウトドアストア
WAQアウトドアストア
ライザップゴルフ
ライザップゴルフ
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック