乗りに乗って打つ

というのがヒント

で、打つ瞬間は

息を止めている状態で

まるで2人で扉を吊る

瞬間を思い出します。

息を止めろ!が

合言葉です。

もう一つのヒントは

より、遠くに飛ぶために

竹刀をできるだけ

手前に引きつけて

右手はつかの真ん中

辺りを持ち、間合いに

入るときに左足を右足に

引きつけておくと

間合いの外からでも

メンが届くということです。